兵庫県淡路市・畜産・農業・淡路ビーフ

>
あわじビーフ こまつ

あわじビーフ こまつ

所在地

〒656-0332 兵庫県南あわじ市湊110 (ショッピングモール シーパ内)

TEL 0799-36-0165 / FAX 0799-36-0165

営業時間 9:30~21:00
定休日 水曜日
HP/Mail/SNS/MAP

           

 

 
 淡路ビーフ取扱認定店 あわじビーフ こまつ

あわじビーフ こまつ

代表 小松 明彦

ショッピングモール『シーパ』の

中に店舗を構える

熟練した技術に秘密

肉も人も大事に扱うのが大切

慶野松原でBBQを愉しむため

夏は特に多くの観光客も足を運ぶ

 

 

  

 海と山と夕日の町

 

 淡路島の観光名所「日本の渚百選」「日本の水浴場88選」「日本の夕陽百選」等に選ばれる南あわじ市の慶野松原から少し南に行ったところにシーパというションピングセンターがある。

 その中に店舗を構え、地元から絶大な支持を受ける肉屋『あわじビーフ こまつ』。昔からショッピングモールで買い物を終えた主婦がわざわざ長蛇の列を作るほど人気の肉屋である。


 熟練した技術


 IT社会の現在、一切インターネットでの宣伝は行っていないにも関わらず、人々の口コミにより淡路島内だけでなく、島外からも小松の肉を求めやってくる。

 その人気には、企業努力による質のいい肉を安く提供することにある。淡路ビーフの品質については、常連客の有名野球選手がわざわざ買にくるほどである。

 ではなぜ、この牛肉の高騰の時代に質のいい肉を安く提供できるのか?

 実は、そこには、店主小松の丁寧かつ、熟練した技術に秘密があった。


『ひとてま』をおしまない


 『例えば他店と同じお肉があり、よその肉屋がそのまま切って売ったとしても、ウチは手間暇を掛けてでも余分な筋を除き売る。そうすることで食感もことなり、他店の売っている肉より価値が上がるようになる』

 淡路ビーフを大事に扱う、お客様を大事にする、肉も人も同じだと小松は語る